ママレポ

子どもの絵を“素敵なインテリア”として飾る方法

シェア

子どもが日々描く、もしくは幼稚園・保育園で描いてくる絵の中には「この絵、すっごくいい!」というものがチラホラ。そんな絵をしまいこんでおくのではなく「飾っておきたい」と思うこともありますよね。ただ、飾る場所がなかったり、絵が大きすぎたり、そもそも飾れるような紙に描いてなかったり…。または、「絵は素敵で好きなんだけど、部屋の雰囲気に合わない」と、単に「飾る」といっても結構問題はあるようです。

ここでは、子どもの絵を別のものに作り変えることによって、もっと気軽に素敵にインテリアとして飾れる方法をキッズコレッチオのアイテムでご紹介します。

1. 玄関など狭小スペースを飾るアートパネル(ファブリックパネル)

ファブリックのパネルは、インテリアとして人気がありますよね。 キッズコレッチオでも、温かみのあるファブリックにお子さんの絵をプリント。キャンバスのようになっているので、本当にそこに描いたような仕上がりになります。 壁にかけて飾っても、イーゼルに立てかけて置いて飾っても、素敵なインテリアになります。 大きな絵も忠実に縮小されるので、スペースが限られている玄関などに飾るにはピッタリです。


2.リビングをギャラリーにウッドフレームアート(ウッドフレームパネル)

無印良品の「ウッドフレーム」を使用したアイテム。布地に印刷したお子さんの絵を、木枠のフレームに入れて温かみのあるインテリアに変身させます。アートパネル同様、かけ型でも、置き型でも使えます。ハガキサイズぐらいなので、ちょっとしたスペースにも飾れ、いくつか並べて飾ってもちょっとしたギャラリーのようで素敵ですよ。 いろいろな絵を並べて貰えば、お子さんも鼻高々です!


3.「これってアートポスター?」グラフィックアート(アクリルパネル)

「たった1本の線でもアートになる!」こんな驚きの体験ができるのがグラフィックアートです。 お子さんの描いた絵の「個性」「味」といった良い部分を活かしながら、デザイナーが一つ一つアート作品へと作り上げていきます。「いかにも子どもの絵というのはちょっと…」と、リビングなどに飾ることを躊躇していたママ・パパにも好評です。 特殊なインクを使い、アクリルでカバーしているので、絵を長く飾っていられるのも、人気の秘密です。


4.癒しのインテリア・クッションカバー

パパの似顔絵?4歳でしか描けない絵をバッグに

お子さんの描いた絵をクッションにして、リビングや寝室のインテリアとして飾るのはどうでしょう? ただ飾るのもいいですが、より身近に感じられてぎゅっと抱きしめられる。お子さんにとっても愛着が湧くのではないでしょうか。カバー自体はアイボリーのナチュラルテイストなので、どんなインテリアとも相性がいいところも魅力です。



インテリア性の高い飾り方で、「子どもの絵」がお部屋をもっと素敵に、愛情あふれたものに変えてくれます。 自宅のインテリアとしてもいいですが、おじいちゃん・おばあちゃんなど「ぜひ飾って欲しい」と思う方へのギフトとしてもきっと喜ばれると思いますよ。

大倉奈津子
書いた人:大倉奈津子
フリーエディター&ライター。
ワーママ向けwebメディア「BRAVA」元編集長。42歳で出産、現在4歳の男の子を育てるワーママ編集者。


キッズコレッチオ-トップページ > よみもの
シェア